2008年09月15日

第2通気層のお話

前回のブログの続きです。

第2通気層とは?

wbsis.gif

晴れ夏の場合晴れ

外気を基礎に取付てあるアンダーヘルスより取込みます。
取込んだ外気は、基礎の床下温度(25度前後)と交ざりながら

バリアヘルスを通り第2通気層内部に基礎下の空気を上昇させます。

↓バリアヘルスです。

IMG_4284.jpg

↓バリアヘルス各所に取付けます。

IMG_4289.jpg

↓土台・大引など床全体の空気も流通させて空気を自然に動かします。

IMG_4288.jpg

↓床下のバリアヘルスです 第2通気層入口になります。

IMG_4168.jpg

壁内部にも夏場は自然的に上昇気流が起こり木材を腐らせません。

IMG_4202.jpg

↓屋根上での第1通気層・第2通気層の空気の混在させません。

IMG_3945.jpg

↓ハットヘルスの第2通気層開口部です。

IMG_4066.jpg

↓ハットヘルスから第1通気層・第2通気層が分かれて放出されます。

IMG_3946.jpg

IMG_3947.jpg

詳しくはウッドビルドホームページです。

次回は、なぜ健康住宅なのか?のお話でも


中野













posted by 昭栄建設  at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | WB工法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19428802

この記事へのトラックバック